ナオ_仮想通貨

仮想通貨関連ブログ_有益情報お届け

仮想通貨2019まとめ_20191228

2019年仮想通貨はどんな年だったでしょうか。

 

良かった点

BTC無双・数種類アルト無双(CENZZ、MATIC、CHZ、TOMOなど)

バイナンス勢力拡大

先物オプション取引の増加

 

悪かった点

インフルエンサー逮捕・失踪事件

ICO、IEOは規制、出来高減、詐欺の可能性で期待薄

ウォレット系の資金持ち逃げ

草コイン取引所終了

全体的な取引高が減った

レバレッジ取引が低倍率変更に

日本の取引所でハードフォークコインの付与(2年経過後)

リブラは物議を醸して実現しなさそう

アルト下がりすぎ

サロン閉鎖

 

感想

仮想通貨は価格が思うように上がらず、ガチホでは危険である結論に達しました。

上昇相場のみエントリー、OCO注文を駆使するなどリスクに目を向けたトレード、資産運用にしていきたいところです。

ICO、IEO、ウォレット案件、報酬系など今後は十分注意してできるだけ触らないようにしたいです。

リスクを説明するため、当ブログからエントリーされる方がいたらお声がけしていただけると幸いです。

 

総括

トレードは出来高が減ったため、待ち時間が多く、全体的にトレードする人が減りました。推しコイン、技術的な話をする人も減りました。

来年はBTCの半減期を向かえますが、マイナーの経費が増えるため価格が爆上げするかどうか微妙だと思います。USDTはじめステーブルコインで価格を押し上げていく場合は伸びると思われるので、ステーブルコイン発行に目を光らせたいところです。

春くらいから毎年上がる傾向にあります。

 

関連_決済系と副業

日本の消費税増税などで悲観ムード。LINEペイなど電子決済系が流行り、国も後押ししています。

仮想通貨決済はボラが大きいため、決済手段には向かないでしょう....。ペイ系の踏み台にされたように感じます。こちらは犯罪や規制のため、国にそこまで認められていないです。日本で仮想通貨トレードするより、ブロックチェーン技術関連の株の方が注目かも。

ペイ系も合わせて転売系、お得系が流行っている印象。

芸能人がyoutuber参戦、でyoutuber黄金時代を向かえる流れと見越し、個人の専門スキル向上と各業界のため、各業界の専門分野情報をyoutubeで流してほしいです。動画編集スキルや説明スキルに需要あり。

 

お得情報まとめ_201912月

20191228(土)

au20%還元について

けーじぇいさん

https://kj-iga.com/point-get/20191228-aupay-20-kangen/

 

オムニ7の50%還元について

乞食速報さん

https://twitter.com/koziki_sokuho/status/1210830385728196608?s=20

 

甘党主婦すあまの幸せ♡ポイ活やりくりめざせプロ主婦 ブログ

https://ameblo.jp/suaminny/entry-12562387744.html

 

JCOIN最大還元率15%

ポイント社長@ペイ×お得情報さん

https://twitter.com/point_shacho/status/1210888184965541889?s=20

 

 

PlusTokenの被害者はどのくらいの損失を回復できますか?(google翻訳)

プラストークン被害者は損失を回復できるのか?

ざっくりいうと

プラストークン運営はBTCを現金化しようとしたが、途中で警察(公安?)に勾留されて資金は大部分売り抜けられていない。

MLMが犯罪のため、資金はいつ投資家に返ってくるかわからない。リーダーは資産没収の恐れがある(紹介活動が多い人かも)。

国がプラストークン運営から資金を没収、

裁判を経て返金になる場合、3年程かかる可能性がある。

----------------------------------------

記事翻訳

https://m.sohu.com/a/328000850_100245886?scm=1002.b000b.fa0137.ARTICLE_REC&spm=smwp.content.fd-d.4.1563818006105WTxx4G4

7月19日までに、Plustokenが現金の引き出しをやめてから22日が経ちました。現時点では、少数の "噛み合わせ"、 "偉大なる神"、そして他の "MLMリーダー"、そして "深く洗脳された"あるいは現実を受け入れようとしなかった犠牲者に加えて 続いて起こったのは事件の超複雑さでした。

Xiaobianチームが先に指摘したように、Plustoken事件は、違法な資金調達詐欺やピラミッドスキームと組み合わされた、仮想通貨の形の「ブロックチェーン」技術バナーを伴う、中国で最大の主要な新型犯罪事件です。この事件は、広範囲の人員だけでなく、多額の資金も伴う複雑であり、技術的手段と刑事的手段の両面で極めて典型的で複雑なものです。

以下の3つの側面は、事件のさらなる発見と裁判、および投資家の損失の回復において重要な役割を果たすでしょう。

 

1.暗号化されたデジタル通貨資産の価値を特定する問題

Plustoken事件と以前の違法資金調達詐欺事件との最大の違いは、Plustoken財布に投資家が投資した資産は、Bitcoin、Ethereum、EOSなどの暗号化されたデジタル通貨であるということです。理論的には、それは本当に単なる電子データです。そのため、Plustoken MLMの担当者がインターネット上で「メンテナンス」の声明を投稿する前に、「このレポートも無用であり、デジタル通貨は州によって認識されていないため、追跡できません。」

しかし、実際には、2013年12月5日という早い時期に、中国の人民銀行などの5つの省庁が「Bitcoinリスク防止に関する通知」を発行し、Bitcoinは通貨と同等の法的地位を持たず、通貨として使用することはできない。市場で流通している。同時に、この通知は、仮想商品としてのビットコインの性質を明確にしています。「本質的には、ビットコインは特定の仮想商品です。」「通知」は、「ビットコイン取引はインターネット上での一種の商品取引であり、一般の人々は自分のリスクで参加する自由がある」と考えています。

今年7月18日に、杭州インターネット裁判所は最初のbitcoin財産権侵害紛争の訴訟を開始しました。裁判で、裁判所はBitcoinの「仮想財産」属性を確認しました。Bitcoin仮想財産の特性については、杭州インターネット裁判所は、Bitcoinには財産の価値、希少性および使い捨て性が正しい対象としてあり、その仮想財産の地位として認識されるべきであると考えています。中国の裁判所がビットコインやその他のデジタル通貨の仮想財産属性を特定したのは今回が初めてであり、ビットコインなどの他の仮想通貨によって引き起こされた紛争や事件の処理には特別な意義があります。

したがって、Bitcoin、Ethereum、EOSなどの暗号化されたデジタル資産が特定の仮想商品であり、それらの価値が国内法で認められていることがわかります。デジタル資産の暗号化への投資は国内法によっても保護されています。特にPlustokenのケースでは、Xiaobianチームによると、多くの投資家はブロックチェーンと暗号化されたデジタル通貨をまったく理解していないため、運用投資のための「本拠地」への直接投資です。

 

2、Plustoken関連資産の流れ

メディアの報道によると、Plustoken事件の総額は200億人を超え、負傷した投資家の数は数百万人に達する可能性があり、多くのデジタル通貨資産の流れが被害者が損失を回復できるかどうかの重要な要素になります。

以前は、プロのブロックチェーン会社PeckShieldがPlusTokenのBTCメインウォレットアドレスを分析し、PlusTokenがサポートする主流の通貨ウォレットアドレスと現在の残高の一部を整理しました。14BWHのビットコインウォレットアドレスが「返される」 0xf4aの先頭のETH Walletアドレスの残高は約790,000 ETHです。EOSWalletアドレスには約2600万EOSがあります。

14BWHで始まるアドレスは、BTCでのPlusTokenの主要な財布アドレスです。PeckShieldのセキュリティ担当者は、アドレスが主に2019年3月14日から5月26日まで有効であることを発見しました。この間に、合計95,228のBTCがそのアドレスに流れ、その後すべてのBTCが空になりました。

PlusTokenのBTCメインウォレットアドレスを追跡し分析した結果、PeckShieldは現在20以上のプライマリアドレスに72,708のBTCが一時的に存在することを発見しました。540 BTCがBittrex取引所に流れ込み、663 BTCがHuobi取引所に流れていることが知られていますが、これらは正常に洗浄された可能性があり、PlusTokenが実行される前に一部の資産がユーザーによって拾われた可能性があります。

PeckShieldのセキュリティ担当者の分析によると、一時BTCの20を超えるプライマリアドレスは3から始まるP2SHアドレスであり、P2SHアドレスはマルチ署名に使用されることがよくあります。分析によると、住所のこの部分はPlusTokenのコアグループの手に渡っているため、複数の人が同時に秘密鍵を提供する必要があるため、この部分の資金に制御できない要素が多くなります。比較的高いです。

幸いなことに、中国の警察が6月27日にバヌアツで海外の司法協力活動を行ったので、PlusToken財布の「Coolwashing」行動は完全に停止しました。このことから、江蘇省の塩城警察が保有しているPlusTokenチームのメンバーは、これらの財布の秘密鍵の全部または一部を習得しているので、デジタル資産のこの部分は一時的に安全です。

BitcoinとEthereumの現在の市場価値によると、資産のこの部分の総価値は約7〜80億人民元です(暗号通貨市場には大きな変動があります)。以前は、PlusToken財布チームは、たった1200ビットコイン、約1億元で現金化していました。

同時に、「関与する金額は200億元を超えている」というメディアのこれまでの結論は、実際にはビットコインなどの暗号化されたデジタル通貨の現在の価格に基づいて計算されていることは注目に値します。実際、昨年末から今年初めにかけてBitcoinなどのデジタル通貨に多くの投資家が投資したとき、bitcoinの価格はかつて3,500ドルまで下がり、今日ではその価格は3倍になりました。言い換えれば、デジタル資産の購入コストが比較的低い場合、たとえデジタル資産の半分または3分の1しか取り戻されなくても、それは「保証」を保証することができます。(ビットコインの価格が現在の価格を維持し続けることができるという条件で)

もちろん、投資家がPlusTokenの詐欺に耳を傾けたくないのであれば、Bitcoinを直接購入することになります。

 

3.違法な資金調達詐欺および組織の指導者ピラミッドスキームの質的問題

現時点では、江蘇省塩城警察は、Gu Zhijiangなどのチームメンバーに対して「ピラミッドスキーム犯罪の組織化と指導」の訴訟を起こしていることが知られています。Xiaobianチームの現在の状況から判断すると、PlusToken財布事件は「違法な資金調達詐欺」と「組織と指導者によるピラミッドスキーム犯罪」の複合犯罪です。

その中でも、PlusToken財布の中核チームは、より「違法な募金詐欺」です。PlusToken財布のさまざまな慣例により、チームの「最初の心」は他人のお金を違法に所有することを目的とした詐欺行為です。PlusToken財布プロジェクトに参加して違法な利益を打ち破った「創造」と「偉大な神々」は、より「組織化され、ピラミッドスキーム犯罪を導いた」。

「違法な資金調達に関連する資金は没収され、国庫に引き渡されることになります。そのような噂は非常に不吉です。実際のところ、事件を処理するための資金はすべて国家によって支払われるのではありません。資産の回収から差し引かれるべきであると言うことがあります。州は、被害者の本人ではなく、違法な資金調達による違法な収入を没収するでしょう。

PlusTokenプロジェクトの一部に関しては、明らかに主観的な意図がない限り、投資家やダウンラインの犠牲者さえも「不注意で」開発しましたが、心配する必要はありません。「ピラミッドスキームの組織と指導力」は、ピラミッドスキームの積極的な参加者に加わるために他人を繰り返し紹介し、欺き、そして脅かすピラミッドスキーム組織プランナーによって主に追求されています。通常の参加者の場合、刑事責任は追求されませんが、検証された違法な収入は没収されます。

もちろん、以前の「戦闘」の場合から、事件の複雑さと広範囲の事件により、公安部門による事件の検出から裁判所の審理まで通常は長いプロセスであり、その期間は少なくとも3年です。

いずれにせよ、人生は続く必要があります。

「投資は危険で富は重労働である」ということを念頭に置いて、犠牲者の大多数はこれを教訓としてとらなければなりません。この種のハードワークは必ずしも肉体労働を意味するのではなく、投資知識、経済常識、および科学的知識の綿密な研究も含みます。

 

---------------------------------------------------------

WEIBOで見つけてきた記事をgoogle翻訳して転載しました。

情報が少なく、ソースも信用できるか不明ですがプラストークンの運営自体が資金を動かせない状態にあるのかもしれません。

CROSSのことだけがっつり3時間!「CROSS超徹底解明セミナー」

クロスエクスチェンジのセミナーの紹介

クロスエクスチェンジのセミナー参加でXCRが450円分(2000枚)もらえます

WEB参加もできます。

 

7月14日13~16時開催

参加費1000円

 

XCRがXEXと同じように人気だと予想すると、1枚10円くらいになっても良さそうですね!

自分は参加しました^^

XCRの上場が楽しみです。

 

 

某取引所のユーザーインタビュー募集 謝礼あり

こちら知り合いからインタビューの依頼が来ました。

取引所で働く友人に依頼をされましたので告知をさせて頂きます!

某取引所でユーザーインタビューの募集をしています。

ご協力いただける方は個別にメッセージを頂きたいです!

 

■日時:5/23(木)、24(金) 11:00-18:00の間

■時間:1時間

■場所:都内(別途連絡)

■対象者:仮想通貨の投資経験者全般(初級~上級まで)

■募集人数:8名(インタビューは個別)*先着順

■インタビュー内容:デザインやUI部分など外観的な部分をメイン

■謝礼:\5,000(交通費は各自負担)

 

よろしくお願いいたします!

 

平日の日中ですが、参加してもいいよと言う方はツイッターで連絡ください。

 

ナオ

BRST (ブレイブサウンドトークン)3

※動画はURLが変更になったため削除しました

経済効果と今後の展望

f:id:zonedifence:20190122232735p:plain

今まで世界市場で約50億ドルを誇る市場まで成長を遂げたK-POP

この先オリンピックを上回る経済効果を与えると言われている

 

すでに韓国には音楽をダウンロードするプラットフォームがないにもかかわらず、

K-POPP市場は年間5千億から7千億の売上を記録

 

BRST (ブレイブサウンドトークン)2

期待のICO、BRSTについて追ってみます^^

BRST (ブレイブサウンドトークン)
メンバー

김사무엘(キム・サムエル)
動画紹介^^

イケメンですね!曲もかっこいい^^

https://samuel-official.jp/

 

youtu.be

f:id:zonedifence:20190121222418p:plain