ナオ_仮想通貨

仮想通貨関連ブログ_有益情報お届け

ホワイト・ブラック企業考察 未完

ホワイト・ブラック企業の比較

 

ブラック企業

残業代→払わない

休日→少ない

低価格・高サービスを要求される

→社員に厳しくお客さんに優しい

 

ホワイト企業

残業代→払う

休日→カレンダー通り

低価格・高サービスを要求される

 

ホワイトが生き残るには相当効率の良い運営をしないといけない

→難しい

→潰れる

ブラックの場合は人件費分ホワイトより優位性がある

→ブラックの方が生き残る

 

ブラックをやめて効率の良い仕事を個人で作るか

 

ブラックを訴えて和解金を要求→人件費分以上の金額がかかるので人件費を払うようになる→改善(個人が弁護士を介して訴える数が増加)

和解金を高く設定できるらしい.....

 

費用の捻出は負担になるので

集団訴訟プラットフォームの弁護士コイン(仮想通貨)は期待してる

 

物が売れなかったり人口が減ったり、建物が老朽化していったり、災害が起きたり税金が増えたりで

今後金が減っていくことは明白なので

ベーシックインカム

仮想通貨のような物ではない電子データに価値がついてお金が動くのは期待している

 

ということでまた新しいものを探すのです

 

 

 

 

 

ブロックチェーン基礎_送金体験

https://blocktecco.connpass.com/event/95413/

 

こちらに参加してきました。

終わった後には懇親会。

話すのが苦手なため、無言で酒を飲み、ピザを食べました。

おいしい。

 

内容

基礎というだけあって深く突っ込んだ話がなく、物足りない感じ。

今後の活用法などもワクワクするような展開もなく、あまり頭に入りませんでした。

どうしてブロックチェーンがすごいのか、っていうのは今使われてる技術と対比が必要なのかもしれないと思いました。

 

送金体験は、事前にウォレットアプリをインストールし、

左隣の人から送金→受け取りをやり取りし、0.01BTCをマイナスした数を右隣の人に送金。

これがタイミングがいつ来るのか分からず緊張したり、準備が面倒くさかったりで.....

テストネット送金なので多分間違えても大丈夫だと思うのですが、BTC送金については絶対間違える人がいるだろうなぁって感じです。

 

会場

プロジェクターが最高。家にほしい。

空調は暑い..........

パイプ椅子みたいなやつと机はなし。メモがとりにくい。

f:id:zonedifence:20180820232438p:plain

 

総括

先日行ったブロックチェーン大学校の說明の方が分かりやすくてよかったです。

 

ブロックチェーンってどこから勉強したらいいのかも分かっていませんが

次は機械学習セミナーへ行ってきます。

BTCFX リスクリワード比

損切りと利確ポイントがあまりにも適当だったので、適正な数値はどのくらいか

研究。

f:id:zonedifence:20180819101918p:plain

 

リスクリワード比は0.8~2.0あたりが目安

参考

https://tradelab.info/archives/3638

f:id:zonedifence:20180819102143p:plain

ロングポジション、ショートポジションで

エントリーポイントから線を引いて出した数値を

IFDOCOで入力→放置(stop分など証拠金が足りていないと失敗になるそうです)

 

上記の場合は

ポジション1

720000 ショートエントリー

728000 損切り

715000 利確

1.05   リスクリワード比

 

ポジション2

688500 ロングエントリー

676000 損切り

698000 利確

0.8   リスクリワード比

(ロットがよく分かってないので適当に10000で入力。比率は変わらないのでいいか)

 高負荷のメンタルストレスを避けるため、ナンピンせずに損切り設定しておく。

 

フィボナッチラインでエントリーしています。

(フィボナッチリトレースメントとフィボナッチチャネル併用)

 

今後

現時点から壊滅的な下げが来ると40万くらい

エリオット修正波のN字で

高値-安値 100000-650000=350000

修正C波が高値-同じ下げ幅とすると

740000-350000=390000

ここまで落ちないと思う(650000で耐える予想)

→そのかわりヨコヨコが長くなる

楽観論としてはヨコヨコ→9月30日ETF承認でトレンドラインを上抜け

悲観論は65万〜60万から自律反発(最悪40万)。

 

(これ書いてる時に710000に1000枚の買いがあったから予想どうしようかなとおもった)

---------------------------------

追記 8月20日

ビットポイントにサッカーのケイスケホンダ選手が契約ということで

CM流すのかな?もう撮影済でwebでは見られます。

上げファンダと見て良さそうです。コインチェック再開の噂もあります。

23日より前にETFCBOEではないもの)のニュースが流れるはずで、承認の可否により爆上げともセリクラが来るとも言い切れない状況。

日足の平均足は陽線が続いているので陰線が出るまでは暴落は来ないと見ています。

FLOCブロックチェーン大学校に行ってきた

FLOCブロックチェーン大学校に行ってきた

 

ブロックチェーンを学ぼう!という学校があり、90分だけ体験授業を受けてみました。2018年4月設立。アドバイザーには竹中平蔵氏がついています。

 

コース

基礎コース

エンジニアコース

ビジネスコース

全部受講すると70万円くらい。就職先も案内してくれるとのこと。

 

今後はブロックチェーンを広めたり、ビジネス展開、経営、提案できる人材、

ブロックチェーンエンジニアが絶対的に足りていないのでエンジニアの方は年収アップにつながるかも?

ブロックチェーンを使う会社は株価が上がったり資金が集まりやすい。

世の中にブロックチェーンが広まるには、人材が不可欠ですよね。

講義を聞いてて、すでに学校の講師として說明できる人がいるんだなぁと世の中の流れの速さを感じます。広める人と働く人が必要。

 

 

講義のキーワードを紹介

ブロックとは

 

公開鍵と秘密鍵

 

ハッシュ関数

 

マイニング報酬は12.5BTC(1ブロックで)

10分間に1回ブロックが作られる

マークルツリー

pow 仕事の証明 合意形成

BIPS改善提案ルール改定(BCH)

p2p 個人対個人

ビザンチン将軍問題

チェーンフライヤー トランザクションが見えるサイト

https://chainflyer.bitflyer.jp/

 

世の中の流れ

これからは第4産業革命がはじまる。国の予算案に振り分けられている。

2016年から

Ai 自動運転 ドローン ビッグデータ ブロックチェーン

今は大きな流れが来ている初動、基礎的な段階。

1産業革命→蒸気 石炭 100年

第2次産業革命→電力 機械 100年

第3次産業革命→コンピューター インターネット 70年

4産業革命はどのくらい続くのかな??

 

様々な国々ですでにブロックチェーンは使われている

ビザ パスポートの記録

銀行取引

政府公文書

土地の登記

 

日本

サンドボックス ブロックチェーン特区

https://www.hibineta.com/japan-regulatory-sandbox/

マイナンバーで活用10億円の予算の申請

デジタル法通貨を検討

東京海上日動

積水ハウス

日本ジビエ振興協会

IBM ダイヤモンド

メルカリ ブロックチェーンの研究施設を作っている

 

 

こんなこともできるかも

電化製品無料で配るドアを開けたら課金するシステムにする

→収益が出るならお金の流れが変わってくる

 

 

不動産登記システム

法務局で5万人働いている

→登記簿のチェックに人件費が2000億かかる

ブロックチェーンで代替えできれば税金が別のことにつかえる

 

ブロックチェーンの相性の良い業界があり(上記の他に医療カルテ、SNS、ポイントなど)

特にサプライチェーンは規模が大きい。

自分の知っているものだとOSAトークンが小売業の流通を狙っている。

 

総括

ブロックチェーンを企業に提案する→病院に営業をかけてカルテの管理をブロックチェーン化する

エンジニアとして活躍する→プログラムができないといけない

用語を学んで講師になる

なかなか職業として結びつけるには時間がかかりそうですが、たまにはブロックチェーンの根幹から学んでみるのも良いのではないかと思います。

アルトチャート考察_20180817〜

出来高と価格のパターンをまとめてみます。

出来高↑価格↓

出来高が高いけど下がるパターンは、戻り売り(損切り)で下がってしまったのではないだろうか。大局が下げトレンドなのでエントリーは慎重になります。

出来高が高いから上にスパイクする、というわけではなく他の指標と合わせて使いたい。MACDクロスとヒストグラム反転でエントリー。

 

https://twitter.com/loomdart/status/1030326579191275520

 

----------------------------------------

出来高↑価格↑

価格右肩上がりヨコヨコ出来高急増。ここでエントリー

→後に価格高騰。利確。

→その後に、価格右肩上がりヨコヨコ出来高増。ここでエントリー。

→価格上がる。利確。

(上げた後の価格ヨコヨコ出来高増を狙う。2段上げ。ゴールデンクロスやEMA反発でエントリーが良い)

損切りは-5%基本目安(そのコインのボラティリティに合わせる)。

---------------------------------------

出来高↑価格↓

例・BUC(コインスーパー)

価格ヨコヨコで出来高が多いのに暴落したパターンがある。

取引マイニング関係か、上がるインサイダーで集めていたが下がるインサイダーが入って投げ売りしたか。一時期価格制限があり、離れた価格で売買出来ないことがあった。出来高と価格以外の別の要素が絡んだ例。

----------------------------------------

ヨコヨコとは

買いと売りが拮抗している。

損切り勢と買いが戦っている。

上げたくない人が壁を作って売っている(以前のXRPなど)。

自己売買で演出している。取引マイニングなど。

---------------------------------------

出来高急増を知りたい

http://crypto.hitoriblog.com/binancewatcher/

バイナンスウォッチャー(moyashiさん作)

 

http://nextmoney.jp/?p=6339

クリプトプッシュ アプリ 月額課金

---------------------------------------

価格幅極小 出来高極小(徐々に小さくなってきた場合)

ローソク足出来高が極めて小さくなってきたらどちらかに飛ぶサイン(出来高グラフが直角三角形になる)。買い(売り)枯れ。板の配置とインジケーターを併用して方向予想(例 上げトレンドなら売り枯れの判断で2段上げを狙う)。

ずっと価格が動いてないものは外す。 

稼ぎ方とか拝金主義とか 未完

お金を稼いでいるからすごい。

拝金というやつです。

 

同窓会に行けば「年収どのくらい?」

仮想通貨トレードをすれば「儲かってる?」

 

お金以外にも話したいことはあるのですが、真っ先にお金の話をされると困惑してしまう。

 

働いていてこんなことが楽しい、やりがいがある。

トレード手法で試してみたいものがある、新しい考え方や投資がある。

仲間たちとの交流が楽しい。

素晴らしい時間を過ごせた。

お金以外の価値を考えたい。

お金のことばかり考えるのはつまらない。 

----------------------------------------------------------

 

しかし

 

給料が伸びない、年金や保険料の増加、趣味、会社以外の活動経費など

やっぱりお金が必要。ビジネスを始めるにも資本金がいる。

 

→稼ぎ方、投資のやり方が知りたい

→プロセスが売れる

 

プロセスを売るには

→実績を作る、アピールをする、日々人の輪を広げていく

戦略が必要

----------------------------------------------------------

 

戦略

人間の欲に訴えかける

 

儲かりますよ

早くしないと売り切れますよ

みんな買ってますよ

注目されますよ

やせますよ

健康になりますよ

----------------------------------------------------------

 

期待感の話

安定したものより、不安定なものが面白く感じることはありませんか。

今回は期待感のお話です。

 

仮想通貨は未来を変える!なんて実需も伴っていないのに高騰。

発表前に上がる、発表後には下がる。

噂で買って事実で売れと言いますね。

 

人は期待感で動くのではと思いました。

 

期待感を煽る一例

ドラゴンボールの悟空

界王様の元で修行して、新必殺技を覚えたけども、なかなか仲間の元にたどり着けない

→悟空待ち→期待感が高まる→悟空の活躍が期待通り(以上)ならドラゴンボールは大人気

 

ビットコイン

誰でもカンタンに決済が出来て手数料が安い

今の値段では買えない程上がる

非中央政権で貧困を救う

→どれも疑問符が付きます

 

VALU

需要のある優待を考える。

優待実装の前に構想を出し、メリットを全面に出す。マイナス面は少しだけ言う。

→進捗でうまくいっていることをアピール

保有VA数によって優待を変え、多く保有するとメリットが発生することをアピール

→価格をここまでにする宣言、すぐに実現しそうな今後の目標を語る

 

などなど、期待感を壮大に演出し、期待通りの活躍をすることが出来れば良いサイクルが回りますね。

プラス時間軸を長めに保ち(話を引っ張る)、マメにうまく行っていることをアピールすると好感度も高いです。

 

期待感と失望感は紙一重ですが、

相手の思惑と自分の目的が合うところだけやっていきたいですね^^

 

皆様も何かを販売する時は期待感を演出し、飛ぶように売れたらいいなと思います^^